肥料について

肥料

|一般的な栄養分の肥料についてわかりやすく説明します。

肥料を知れば楽しくなる!



肥料について



sponsored link

肥料とは、日本の法律で「肥料取締法第2条第1項」により「植物の栄養に供すること又は植物の栽培に資するため土壌に化学的変化をもたらすことを目的として土地に施される物及び植物の栄養に供することを目的として植物に施される物をいう」と定義されています。


したがい、土壌に施されるもの以外にも葉面散布などの形態で施されるものも肥料と呼ぶことになります。


しかし、一般的に広まってる肥料と呼ぶものは、土の中に入れる植物の栄養物質のことです。


肥料はこやしとも言いいます。


簡潔にまとめると、「肥料は人間が植物を育成させるための栄養分として施すもの」と捉えれば良いと思います。


植物の栄養としてではなく、土壌改良のみを目的に施したものは、肥料とは呼びません。


人間が施した栄養分ではなく、もともとその土壌に含まれていたものは「肥料分」と一般に言い、肥料と分けてることが多いです。


植物が土壌から栄養として窒素やリンなどを吸い取って成長します。


このため、持続可能な農業をするためには、植物を育て収穫したあとに、減少した窒素やリンを土壌に補給しなければなりません。


肥料は農業で行う補給の目的で用いられています。


通常の肥料には、3大要素と呼ばれる窒素とリン、カリウムが必ず含まれて居ます。


これ以外にも、肥料としてカルシウムやマグネシウムなどを施す必要があります。



[スポンサードリンク]