有機肥料・有機質肥料

肥料

|肥料は有機物を原料とした有機肥料(有機質肥料)と化学合成で作られた無機肥料があります。

肥料を知れば楽しくなる!



有機肥料・有機質肥料



sponsored link

●●●●【有機肥料(有機質肥料)と無機肥料とは】●●●●


化学合成による無機肥料(化学肥料)に対し、動物質・植物質の有機物を原料とした肥料のことを有機肥料(有機質肥料)といいます。


また有機質肥料とも言います。


有機肥料(有機質肥料)は即効性が低い変わりに土壌に長期間蓄積されるため、持続性があります。


対して、無機肥料には即効性はありますが水に溶けて流されやすいため持続性が無いとされます。


【●●●●有機肥料(有機質肥料)を使う前に】●●●●


植物は有機肥料(有機質肥料)をそのままの形で吸収するわけではありません。


有機肥料(有機質肥料)内の有機物を、土壌内の様々な微生物が時間をかけて分解してから植物は吸収します。


ですから有機肥料(有機質肥料)を使うにあたり、微生物が豊富に棲む土壌にする必要があります。


土の中の微生物を増やすには堆肥を畑にすき込むことで解決されます。


菌類、ミミズ、トビムシなどの大小さまざまな生物が、堆肥をエサとして活動するからです。


作物を育てる前には、畑に堆肥をすき込みましょう。


●●●●【有機肥料(有機質肥料)の種類】●●●●


家庭菜園で一般的に使われる有機肥料(有機質肥料)には、米ぬか(ぬか)、油かす、鶏ふん、骨粉、有機石灰、草木灰、堆肥などがあります。


他には魚粉(魚かす)、馬ふん、牛ふん、肉骨粉、下肥(しもごえ:人糞尿)があります。


草木灰は、草や木を燃やした後の灰であるため無機物が中心です。


また有機石灰もカキの殻やホタテの貝がら、卵の殻を粉砕して作られた動物質由来のカルシウムを主成分とした石灰であるため分類上は無機質です。



[スポンサードリンク]