ぼかし肥料

肥料

|発酵菌を加えて有機肥料・有機質肥料(油かす、米ぬか、鶏ふん、魚粉、草木灰など)を発酵させるとぼかし肥料が作れます。

肥料を知れば楽しくなる!



ぼかし肥料



sponsored link

ぼかし肥料とは油かす、米ぬか、鶏ふん、魚粉、草木灰などの多様な有機肥料(有機質肥料)に発酵菌を加えて発酵させた肥料のことです。


ぼかし、ぼかし肥えとも呼びます。


ぼかし肥料は、あらかじめ発酵させてあるので、土に未発酵の有機肥料(有機質肥料)を施したときに起こりうるガスや酸による害がありません。


発酵させてあるので効き出しが早く、肥料成分は土に吸着されたり、微生物に取り込まれているので、ゆっくりと穏やかに溶け出し、肥料効果が持続します。


ぼかし肥料は、発酵させることによって土や有機物の中に増殖した有用微生物がたくさんいます。


この微生物が作物の根を連作障害や病気から守り、根の働きを活性化させ、根張りを助けます。


良質なぼかし肥料を作る過程で、有機肥料(有機質肥料)を発酵させるとアミノ酸ができます。


アミノ酸は直接植物の根から吸収されるので、野菜自身がアミノ酸を作る過程で必要なエネルギーを直接たんぱく質の合成に使用でき、野菜の生長が促進され、実が大きくなります。


ぼかし肥料には用いる発酵菌によって、好気性発酵と嫌気性発酵があります。


前者は酸素が必要な好気性菌を使い、後者は酸素が必要ではない嫌気性菌を使います。


好気性発酵は、発酵が始まると温度が上昇するので、高温で腐敗醗酵しないよう(50~55℃以下)に毎日温度管理をします。


撹拌して酸素を補給しつつ温度を下げて、乾いてきたら水分を補給しましょう。


嫌気性発酵は、温度が上がらず失敗しにくいので、初心者にオススメです。



[スポンサードリンク]