緑肥

肥料

|植物を細かく粉砕して畑にすき込むことで出来る肥料のことを緑肥といいます。堆肥代わりに使うことも出来ます。

肥料を知れば楽しくなる!



緑肥



sponsored link

オススメの肥料として緑肥が挙げられます。


植物をカマや押しきりで細かく切り、畑や田んぼにすきこむと、3週間ほどの分解期間が経てば優良な肥料となります。


家庭菜園ではこの緑肥を堆肥代わりに使うことも出来ます。


緑肥が多く使われたのは戦後でした。


戦後は安価な化学肥料が出てくるまで窒素肥料はとても貴重でした。


窒素肥料として、空気中の窒素を同化することができるマメ科のクローバーやレンゲソウ、ルピナス、ウマゴヤシなどが多く利用されました。


他には人間の糞尿や、魚、食用に向かない海藻が窒素肥料として使われていました。


緑肥の栽培方法は、畑や田んぼの空いている場所があったら、とりあえず種をまいて放っておくことです。


土が肥えていなくてもすくすくと育ってくれるので、大きく生長して実が付かないうちに刈り取ります。


それを細かく砕いて、田畑へ施せば肥沃な土壌ができます。


緑肥としては、マメ科やイネ科の植物が多く使われます。


雑草を利用することもあります。


緑肥として栽培される植物は例として以下の植物があります。


・大豆

・クローバー

・レンゲソウ

・ライ麦

・トウモロコシ

・エンバク

・セスバニア(田助)

・エビスグサ(決明子:けつめいし)

・マリーゴールド


緑肥作物は種をまく時期が異なります。


例:セスバニア 6月:レンゲソウ 10月:ライ麦 7月下旬~11月



[スポンサードリンク]