肥料の種類

肥料

|一般的な大きな肥料の種類の区別は有機(質)肥料と無機(質)肥料です。この外に固形や液状などのタイプに分けられます。

肥料を知れば楽しくなる!

肥料の種類



sponsored link

肥料は大きく有機(質)肥料と無機(質)肥料に分けられます。


この二つの肥料は成分が大きく異なりますが、両者を混ぜ合わせた肥料も存在します。


しかし、植物に吸収されるときは、無機化合物として吸収されます点は同じです。


化学的に合成された無機(質)肥料は、化学肥料といいます。


一般的に無機(質)肥料は工場で化学的に合成されるので、無機(質)肥料=化学肥料と思われがちですが、天然の鉱物が無機(質)肥料になるケースもあります。


そのため全ての無機(質)肥料が化学肥料ということはありません。


  • 材料の種類
  • 肥料無機(質)肥料・化学肥料 ・単肥 ・複合肥料 ・化成肥料など
    有機(質)肥料・植物性や動物性など ・堆肥

  • 無機(質)肥料の種類
  • 分類効果・働き
    無機(質)肥料窒素肥料・硫安 ・塩安 ・硝安
    ・尿素 ・石灰窒素 ・硝酸カリ
    葉肥と呼ばれ、葉や茎の生育を促進します
    リン酸肥料・過リン酸石灰 ・重過リン酸石灰
    ・熔成リン肥
    花肥や実肥と呼ばれ、開花や結実を促進します
    カリ肥料・塩化カリ ・硫酸カリ根肥と呼ばれ、根の生育を助けます

  • 化学肥料の種類
  • 化学肥料種類説明
    単肥肥料の3要素を一つしか含まないもの
    複合肥料肥料の3要素の二つ以上を含むもの
    化成肥料複合肥料の一種で化学的操作が加えられたもの
    高度化成化成肥料で肥料の3要素の合計が30%以上のもの
    低度化成化成肥料で肥料の3要素の合計が30%に満たないもの

  • 有機(質)肥料の種類
  • 分類
    有機(質)肥料植物性肥料・油かす ・米ぬか ・草木灰など
    動物性肥料・(発酵)鶏ふん ・骨粉 ・魚粉 ・肉かす粉末 ・魚かすなど
    堆肥化資材・家畜糞(牛糞 豚糞 鶏糞)堆肥 ・生ゴミ堆肥など

    肥料の大きさによる効果速度の違い

    肥料は形状によって速効性と緩効性に分けることができます。


    一般的に大きな固形状の肥料は効果が緩効性で、粒が小さくなるほど速効性になります。


  • 肥料の形状による効果速度
  • 効果スピード緩効性     ⇔     速効性
    肥料の大きさ大きい     ⇔     小さい
    形状固形  ⇔  粒状  ⇔  液状

    肥料取締法による肥料の分類方法

    日本の法律による肥料の分類方法は、一般的な有機(質)肥料と無機(質)肥料という分け方と異なります。


    肥料取締法による肥料の種類は大きく分けて「特殊肥料」と「普通肥料」に分けられます。


    「特殊肥料」とは、農林水産大臣の指定する米ぬか、たい肥その他の肥料のことで、「普通肥料」とは、特殊肥料以外の肥料のことをいいます。

  • 肥料取締法による分類
  • 特殊肥料生産者の経験と五感により品質の識別ができる単純な肥料(魚かす・米ぬかなど)
    堆肥など品質が多様で一律的な評価が出来ない、主成分の量の大小のみで評価が出来ない肥料
    普通肥料特殊肥料以外の肥料

    

    [スポンサードリンク]