芝・芝生に肥料を施す

肥料

|園芸の植物として根強い人気があって、各ご家庭の庭に植えてある芝・芝生に肥料を施す方法を説明します。

肥料を知れば楽しくなる!



芝・芝生に肥料を施す



sponsored link

芝生にも肥料が必要です。


芝生は定期的に刈り込みを行うので、茎葉に栄養を与えるために豊富に肥料を施す必要があります。


生育期なのに葉色が悪い芝生は、肥料が足りないかもしれません。


芝生肥料焼けを起こすことはまずありません。


しかし、肥料を施し過ぎると茎葉が旺盛に生育し刈り込み回数が増え、また雑草が蔓延る原因にもあるので注意しましょう。


芝生肥料を与えると、効果は直ぐにあらわれ、緑が濃くなります。


茎葉の色が悪い芝生肥料を施すと、数日で効果が見れるでしょう。


芝生は生育適温と栽培地域により、大きく「暖地型(シバ)」と「寒地型(シバ)」に分けられます。


冬に枯れる暖地型と常緑(冬場も緑色の葉)の寒地型は、肥料の施し方が違います。


芝生)の貼り付け後の肥料の施し方


芝生)の植え付け1週間後に化成肥料(窒素(N):リン酸(P):カリウム(K)=10:10:10)などを1㎡当たり約40g施します。


芝生)が定着する1ヵ月間は芝生)が乾かないように水を与えましょう。


・種まき後の芝生)に肥料を施す


芝生)の種を撒いた後は発芽するまで充分に水を与えます。


発芽後5cmまで伸びたら、3cmまで刈り込み、化成肥料(窒素(N):リン酸(P):カリウム(K)=10:10:10)など1㎡当たり約30g施します。


【年間の肥料の施し方】

・コウライシバ(暖地型

1~3月:なし
4月:1㎡当たり化成肥料(N:P:K=10:10:10)約20gを月1回施す
5~8月:1㎡当たり化成肥料(N:P:K=10:10:10)約30gを月1回施す
9~12月:なし


・西洋シバ(寒地型

1~2月:なし
3~4月:1㎡当たり化成肥料(N:P:K=10:10:10)約20gを月1回施す
5~6月:1㎡当たり化成肥料(N:P:K=10:10:10)約30gを月1回施す
7~8月:なし
9月:1㎡当たり化成肥料(N:P:K=10:10:10)約20gを月1回施す
10~11月:1㎡当たり化成肥料(N:P:K=10:10:10)約30gを月1回施す
12月:1㎡当たり化成肥料(N:P:K=10:10:10)約20gを月1回施す



[スポンサードリンク]